;
  • TOP画像
  • TOP画像

フォードカップ4

カップからの流出する試料(溶液)の流出時間を計測することで正確で簡単・迅速に粘度を測定するができます。カップに試料を満たし、その底の規定の直径の孔(オリフィス)から試料が流出する時間によって粘度を測定します。特にNo.4タイプは現在最も広く採用されている粘度計です。
*参考規格:JIS K 5400に準拠

フォードカップ4

*PDFファイルのダウンロード

ザーンカップ

塗料や印刷インクなどの液体の簡易的な粘度測定に用いられる計測器です。カップ底の穴から液体が流れ落ちる時間を計測することにより粘度を測定する機器です。オリフィス(穴)径がミリ単位とインチ単位の物をご提供しています。
*参考規格:ASTM D 4212に準拠

ザーンカップ

*PDFファイルのダウンロード

平行板粘度計

本機はJIS K 5101に基づいたインク、塗料の流動特性を比較する器具です。
*参考規格:JIS K 5701, JIS K 5101-6-1に準拠

平行板粘度計

*PDFファイルのダウンロード

粒度測定器(グラインドメーター)

塗料、顔料、印刷インク等の組織粒の大きさを測定するゲージです。表面には傾斜溝が形成されていて、一定量の試料を溝の深い側から浅い側へ、付属のスクレーパーで掻き取って塗膜を形成し、粒の密度の変化を観察して溝深さの目盛を読み取ります。
*参考規格:JIS K 5600-2-5, JIS K 5701に準拠

粒度測定器(グラインドメーター)

*PDFファイルのダウンロード

ボールタックテスター

粘着剤上にスチールボールを転がして、粘着性(タック性)を測定する器具です。斜面上に静止できるスチールボールの最大径、その時の傾斜角を見い出すものです。簡便なタック性評価として広く普及しています。
*参考規格:JIS Z 0237, PSTC-6, ASTM D 3121に準拠

ボールタックテスターローリングボールタックテスター

*PDFファイルのダウンロード

卓上テストコーター

各種アプリケータ等を使用し、インキ、塗料、粘着剤、電池用電極触媒ペースト、エマルジョン系樹脂等を紙、フィルム、金属箔等に自動的に塗布する装置です。一定荷重・一定速度下において塗布することで、塗布ムラ・個人差を解消し、所定の膜厚を作製できます。

卓上テストコーター

*PDFファイルのダウンロード

小型ナイフロールコーター

巻き出し・巻き取り・乾燥炉を装備した卓上型連続塗工装置です。長尺のサンプル作製に最適です。オプションのダイユニットを装着することで間欠塗工・裏面塗工も可能です。

小型ナイフロールコーター

*PDFファイルのダウンロード

関連商品

トムソン刃型
トムソン刃型はベニヤ板や塩ビ樹脂板の上に特殊鋼の刃物を埋め込んだ刃型です。ダンボール、紙、フィルム、プラスチック樹脂の打ち抜き型に採用されている打ち抜き型です。
自動塗工装置
ベーカー式アプリケーター、ドクターブレード、バーコーター、マイクロメーター付フィルムアプリケーターなどの各種アプリケーターを簡単に装着して使用できます。同一条件で、誰でも均一な皮膜が作れます。塗工台は研磨ガラス板を採用、掃除も容易です。
各種アプリケーター
ベーカー式アプリケーター、ドクターブレード、バーコーター、マイクロメーター付フィルムアプリケーターなどの各種アプリケーターをご用意しています。自動塗工装置に装着して使用することもできます。

このページのトップへ